忍者ブログ
敵を知り己を知っても、戦に勝てない。 自分の為の細幅(幅狭)足・細踵の靴と足に関する考察・メモ。
[1] [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は靴や足に関しては全くの素人です。
たまたまですが、きちんと足を計測してもらっている友達が多いこと、オーダー靴を制作する友達がいることで、靴のフィットについてお話ししたり、考える機会が多くなり 至った結論。

「靴はそうそうフィットするものじゃない」

これは、細幅の人に限らず、どんな幅の方でも同じだと思います。
現に、普通幅EやEEなどの人でも靴探しに難航されて、足のトラブルに苦しんでいる方が多くいらっしゃいます。

デザイン だけでは 靴選びは難しいということですよね。

できるだけ沢山の靴を履いてみてフィット感を掴むことが大事だとは思うのですが、なんの見極めもなしに試着するのも辛いところです。一般的にどうかはわからないのですが、いろいろ教えていただいたり、考えたりした見極めのポイントをまとめてみました。

拍手[23回]

PR
ヒールももちろんですが、スニーカーも含めてフラットシューズのフィット感ってとても難しいです。

ヒールの靴は、坂になっているので前に滑るイメージはわかりやすいのですが、細幅だと実際はフラットなシューズでも前に滑っていたくなってしまいます。幅さえ合っていれば前滑りが起きないかというとそうでもなく、前滑りって幅があわないことだけでなくてボールの位置(足が曲がる位置)があわないことでも起きてくるのです。

拍手[6回]

細幅靴を買おうと思って、足のサイズのことを調べはじめると靴のサイズについていろいろ考えることになります。

ここに足のサイズのはかり方がありますのでやってみてください。
http://www.moonstar.co.jp/whatshoes/select/size.html

足長と足幅などについての関係はこちらのチャートにJIS規格が掲載されています。
http://www.fha.gr.jp/data/size3.html

で、ここで足のサイズと靴のサイズの違いが出てきます。

少なくとも私は神戸屋さんにいくまで足の長さを自分で計ったことはなく、靴を試着して合うのが23センチという感覚だけで23センチの靴を選んでいました。
そして靴によっては22.5センチのものを選んだり、23.5センチのものを選んだりすることもありました。

靴のサイズ23センチとはいったいなんなのかって考えたこともありませんでしたが、どういう意味かご存知ですか?
●23センチの足の人用の靴なのか
●内寸23センチの靴なのか

拍手[13回]

今まで、靴を選ぶ時には、長さ(足長)のあったものでいたくないもの(脱げないもの)という観点で選んでいました。

しかし、本来靴を選ぶべきポイントはいくつかあることを学びました。

それを少しまとめてみます。

足先の形状が合っていること。
これは有名な話ですが左からエジプト型、ギリシャ型、スクエア型


こちらは足先の形状からの分類ですが、エジプト型は親指が一番長い。ギリシャ型は人差し指が一番長い、スクエア型は大体同じような長さ。
これらの特徴にあった形の靴を履くことがトラブルを軽減することになります。
日本人は、エジプト型が多いようですが、私はギリシャ型です。
また、どの程度この特徴が強く出ているのかや指の長さでも足先の形は大分違っています。

足の幅。
足幅は足囲といいますが、単に横幅でなく下記の図のように親指と小指の下にある骨の出っ張り部分の足の周囲の長さとなります。



ですから、同じ足囲でも甲が薄い人も入れば 甲が高い人もいます。平べったくて幅広の足と、分厚くて幅が細い足でも、周囲の長さが同じならば足幅は同じということになってしまうのです。
実際は、靴を選ぶときには足囲のサイズだけでなく形状も合っていることが望ましいと思います。

足幅が広すぎる靴を履いていると、本来その部分できちんと足が靴の中で固定されるはずが、ドンドン足が前に滑っていって指が靴の前の部分に押し付けられ、痛くなったり外反母趾の原因になったりするそうです。

ボール位置。
先ほど足囲を計ったところが足が曲がる位置になります。
靴ももちろんその部分で足が曲がることを想定して作られています。しかし、その位置は人によって違います。手のひらを見るとよくわかりますが、指の長い人、短い人いろいろいます。同じように足も人それぞれです。
その位置があわないと、靴の中で足がずれやすくなったり歩きにくかったり疲れやすかったりの不具合があるということでした。

踵。
踵は、少なくともスポスポと抜けないサイズや形であることが求められます。
上に示した図の踵の幅ももちろんですが、踵がフィットするかどうかには踵上部の骨の幅、そして肌色で示した踵のえぐれ具合、また、横から見たときのカーブの形状など様々な要素が関係しているのですが、どこまで形状がフィットすべきかというのは、靴のデザイン等によりかわってきます。



アーチ。
私のようにハイアーチの人は、アーチを適度にサポートするものが歩きやすいそうです。

書き出してみて、あまりに考えるポイントが沢山あることにため息が出ます。フィットした靴を選ぶ為には、いろんなことを考えなくてはいけませんが、現実的にはすべてが合う靴が見つかることはかなり難しそうです。それに、やはり好きなデザインを選びたいというのもありますし…、本当に困ったものです。

拍手[4回]

ちょうど、私が神戸屋さんに通っていた頃。

沢山のお友達が、神戸屋さんに診断してもらっていました。たいていの方が、自分の足は幅広とおもってたけれど意外と細かった。とか 思っていたよりも足長(サイズ)が小さくてよかった。とか。
ほとんどの皆さんが、実際の自分の足よりもずっと大きな靴を履いていたという印象を受けました。

しかし人によってはちゃんと足幅が広い とか 甲が高いとそういう診断を受けた人もいました。

あとは踵。
踵の大きさが小さいと言われた人も多くいました。(そもそも踵に大きさがあるというあたり前のことを靴選びのときに今まで考えることがなかったのが驚きです)

私は足長は合っている靴を履いていましたが、幅が絶望的にあっていませんでした。
靴の中で足はいつでもふらふら・ぐらぐらしながら生活している状態でした。当たるところがないほど大きいので、足は痛くなりません。

お豆腐をピッタリのサイズの入れ物にいれれば少しくらい揺れても壊れません。
逆に泳ぐほどゆったりした容器の中でも崩れないでしょう。
少しだけ形が違ったり、サイズが大きかったりする入れ物の中でゆらすと、角がかけたり崩れてしまうでしょう。

足を容器の中のお豆腐と考えれば、痛くない靴=ゆったりした靴を皆さんが選びがちなのも理解できます。本当はピッタリの靴を選んだほうがいいのでしょうが、なかなか見つかりませんから。
(足は動いたり、もっと複雑なのでこのお豆腐理論が完全に当てはまるものでもないので、ますます厄介です。)

それにしても沢山の人が診断を受けていて、だれもが、靴になんらかの悩みがあるのではないかと思うほどです。

今まで、自分の足にフィットした感覚の靴を履いたことがある人がどれだけいるのだろうか…、そんなことを考えてしまいました。

拍手[4回]

プロフィール
HN:
k
性別:
非公開
自己紹介:
計測の結果、足長23センチ、柔らか系の細幅足(地面についた時B、空中で左AAA・右AA)です。ギリシア型。開帳足には完全にはなっていないようですが、こんにゃくなアラフォーです。
靴・足については素人ですが、いろいろと自分なりに考えています。
twitterアカウント:@k_narrow_shoes リフォローはいたしません。メンションの確認はできないと思います。
Twitter
最新コメント
[06/25 StanleyDUTH]
[06/12 足型研究員]
[06/12 足型研究員]
[06/09 足型研究員]
[06/08 足型研究員]
ブログ内検索
Copyright ©   k's narrow feet 〜細幅足の悩み〜   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]