忍者ブログ
敵を知り己を知っても、戦に勝てない。 自分の為の細幅(幅狭)足・細踵の靴と足に関する考察・メモ。
[5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

というわけで、ナローサイズの靴が届きました。

が、履いてみてコレはばっちり!という訳ではなく何となく微妙な雰囲気もあり。

まず、ローファーは恐ろしく窮屈で、どうやって履くんだ??というような気持ちになるほど。
オープントゥは、一瞬はいた感じミラクルフィットか?という気持ちもあったのですが、前滑りしているような、前の穴から指が出過ぎているような。

いずれにしても調整をしてなんとかはけるようにする前提で買っているものなので多少合わないは仕方がないのですが、果たしてコレは調整可能なのか?
しかも、今回は神戸屋さんでの調整ではなく、自分で市販のインソールで調整してみようという挑戦な訳です。

自分ではわからないので、いつもみていただいているシューフィット神戸屋さんでチェックしていただきました。

拍手[11回]

PR
通常23センチ、ユーロサイズなら36の私が、5 1/2 か 6 という感覚で靴探しをすることにしてみました。もちろん若干の不安はあります。ノードストロームのチャートでは 23センチ=6サイズです。アメリカサイズの靴を履いた経験が少なく、自分の中でのサイズ感ができていなかったので、(幅のことを考慮してどうしても小さめに見積もってしまう癖もあり)いろいろ情報を聞いた上で勝手に決めた数字でした。

果たしてこの読みは正しいのか??

それでは、まずは検索から開始です!

拍手[10回]

国内で細幅靴を探すのに限界を感じ、ついにアメリカの通販に手を出してみることにしました。

なぜなら・・・アメリカでは2A(Narrow)サイズならデザインが豊富で選べるからです。
私がアメリカ通販するのに選んだのはノードストロームのサイトでした。

拍手[19回]

私は靴や足に関しては全くの素人です。
たまたまですが、きちんと足を計測してもらっている友達が多いこと、オーダー靴を制作する友達がいることで、靴のフィットについてお話ししたり、考える機会が多くなり 至った結論。

「靴はそうそうフィットするものじゃない」

これは、細幅の人に限らず、どんな幅の方でも同じだと思います。
現に、普通幅EやEEなどの人でも靴探しに難航されて、足のトラブルに苦しんでいる方が多くいらっしゃいます。

デザイン だけでは 靴選びは難しいということですよね。

できるだけ沢山の靴を履いてみてフィット感を掴むことが大事だとは思うのですが、なんの見極めもなしに試着するのも辛いところです。一般的にどうかはわからないのですが、いろいろ教えていただいたり、考えたりした見極めのポイントをまとめてみました。

拍手[23回]

まだ去年の春のことだったと思います。何度目かの神戸屋さんの訪問で、疑問に思っていることを聞いてみました。

「なんでAさんは、いろんな靴が履けるんですか?」

拍手[7回]

前のページ      次のページ
プロフィール
HN:
k
性別:
非公開
自己紹介:
計測の結果、足長23センチ、柔らか系の細幅足(地面についた時B、空中で左AAA・右AA)です。ギリシア型。開帳足には完全にはなっていないようですが、こんにゃくなアラフォーです。
靴・足については素人ですが、いろいろと自分なりに考えています。
twitterアカウント:@k_narrow_shoes リフォローはいたしません。メンションの確認はできないと思います。
Twitter
最新コメント
[06/25 StanleyDUTH]
[06/12 足型研究員]
[06/12 足型研究員]
[06/09 足型研究員]
[06/08 足型研究員]
ブログ内検索
Copyright ©   k's narrow feet 〜細幅足の悩み〜   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]